FEATURE

菓籃  / 三代早川尚古斎(1864-1921)

f020

菓籃

三代早川尚古斎(1864-1921)

size : 14cm x 14.5cm x 12.5cm

持ち手の飾り編みが美しい小さな籠。

新しいものにはない、野趣あふれる景色が最大の魅力です。素朴な花や菓子を盛ると、お互いに調和して良い雰囲気を作り出してくれるでしょう。


f019

木彫熊

引間二郎(木歩)

size 30.5cm x 18.5cm x 21.5cm

大胆に削り出された熊。

荒々しい野生の力強さを感じさせますが、それだけではなく穏やかな一面も併せ持つ不思議な姿です。

北海道八雲町の木彫りの熊は、最近注目されており、その魅力が再認識されているようです。

木彫熊

f022

木製菊透火舎香炉

size 9cm x 7cm x 8.5cm

香炉の火屋は、金属で作られているものがほとんどですが、こちらの香炉は木製の火屋でたいへん珍しいものです。

丁寧に透かし彫りされた模様は美しく手の込んだ仕事がされています。


f023

提梁茶籃

size 26.5cm x 16cm x 26.5cm

どこか懐かしいような素敵な茶籠。

シンプルな姿は、どんなお道具とも相性が良く、場所や季節を選ばない使い易さがあります。

内張りの白い裂地も魅力です。

もちろん、多少の傷みや汚れはありますが、そこも含めて大切にしたくなる提げ籠です。

提梁茶籃

籠茶箱

f015

籠茶箱

size : 11.5cm x 8cm x 10cm

 

手のひらサイズの小さな茶籠。

丁寧な仕事が見える網目は色艶が美しく、優しげな表情をしています。左右の紐金具は、全体のアクセントになっていてその存在感を際立たせています。

あれこれと欲張ってお道具を詰め込むのではなく、特別に大切なものをしまっておきたくなる茶籠です。


金鍍金急須

f021

金鍍金急須

二代秦蔵六(1854-1932)

size : 11cm x 7.5cm x 5cm

 

金属の色が変化していく様子は、とても面白みのあるものです。鍍金は剥がれ落ちることで、味わい深い表情が表れてきます。使い込むほどに、持ち主のその人らしさが見えてくるようで、長く使い続けたいお道具です。

小さくて優しい丸みのある形も魅力のあるところです。


f014

青華柏長四方向附皿10枚

清水六兵衛

size : 17cm x 9.5cm x 2.7cm

お皿からはみ出すように描かれた柏の葉は、大胆な構図と鮮やかな染付の色で瑞々しい生命力に溢れています。

子孫繁栄の意味を持つ柏の葉。

皐月の節句に使いたい懐石道具です。

青華柏長四方向附皿

六角形山水図彫茶入

f013

六角形山水図彫茶入

size : 6.5cm x 8.5cm

 

丸みのある六角茶入一対。

静かな山並みを眺める人と可愛らしい童子の笑顔が彫られています。並べてるとそれぞれの図柄が続いているようで、雄大な景色の広がりを見せてくれます。

全体のくすんだ色が、枯れていく落ち着きと哀愁を漂わせています。


f017

金縁花模様ガラスコップ

size : 6cm x 9cm

可愛い花模様がとても印象的。

古すぎず、けれど新しいものでもない。どこか懐かしい記憶を思い起こすような優しいコップです。

それぞれに形やサイズが微妙に違っていて、そんな不揃いなところも愛着が湧いてきます。

金縁花模様ガラスコップ

提梁茶箱

f009

提梁茶箱

size : 20.5cm x 12cm x 18.5cm

 

比較的よく見かける形の提げ籠ですが、外側の状態は良好で持ち手部分や網代模様は美しく整っています。

濃い色の茶箱は上品で落ち着きがあり、長く愛用したくなるお道具です。残念ながら内側の裂地は傷んでおりますが、可愛らしい花模様は、蓋を開けた時の喜びとなるでしょう。


f008

ギヤマン口金毛彫酒呑10客

バカラ製

size : 5cm x3.5cm

ガラス酒呑は、陶磁器にはない軽やかさと優美さを併せ持ちます。波のような繊細な模様が施されたは部分は光を乱反射させ全体を白く明るくし、底部分の大胆なカットが印象的なグラスに仕上げています。手に取った感覚は、とても繊細で古いガラスの優しい質感が伝わってきます。

ギヤマン口金毛彫酒呑10客 バカラ製